借金返済問題や債務整理で弁護士や司法書士などの法律家に相談したいと思っている方のために、相談窓口の案内役となるのが当サイトです

いま問題のヤミ金の形

ヤミ金のなかでも、消費者が引っかかってしまいやすい問題となっている業者は、都(1)=「トイチ」と呼ばれる業者です。


トイチといえば、以前は、10日で1割の利息を取る違法高利貸しのことでしたが、最近はその意味が変わってきています。


都(1)とは、貸金業者の登録番号を示しています。消費者金融などの貸金業者が営業活動を行うためには、本店所在地を管轄する財務局に登録しなければなりません。都(1)ということは、東京都の登録業者ということです。


( )内の数字は、登録後の更新回数を示しています。貸金業者の登録は3年ごとに更新しなければなりません。つまり、登録して3年以内だと(1)、6年以内だと(2)、9年以内は(3)となるわけです。長く消費者金融業を続けているならば3年ごとに数字がどんどん高くなります。


syorui.jpgこの数字が(1)ということは、3年以内の新規業者となる訳ですが、このなかの少なくない業者が、すぐに廃業して、別会社でまた新規登録しています。こういうところはヤミ金の一種です。


なぜそんなことをするのかといいますと、雑誌や新聞で広告を出すことが出来るのは、登録業者に限られるからです。雑誌や新聞に広告を掲載することで信頼感を増し、かつ多くの借り手を集めようというのです。


貸したあとはヤミ金の顔をのぞかせます。で、法的に問題になる前に廃業して、借り手のことはそのまま追い続けるのです。そしてまた並行して新会社を登録させ、同じ手口を繰り返します。


登録番号は、雑誌広告や新聞の広告などのはじに記載されています。申し込もうとする前に必ずこの番号をチェックして、借りるならば( )内の番号の大きなところにしてください。


ちなみに業者数は東京が圧倒的に多いので「都(1)」に注目していますが、これは他の地域でも言えることですのでご注意ください。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0