借金返済問題や債務整理で弁護士や司法書士などの法律家に相談したいと思っている方のために、相談窓口の案内役となるのが当サイトです

債務整理の基礎知識


check.red.png 債務整理とは

最近、テレビのCMで債務整理に困っている人は弁護士に相談くださいなどといったものを見かけることがあります。債務整理と聞くと、会社が倒産するなどで会社の借金を整理することをイメージする人も多く、債務整理イコール破産と考えてしまいます。

確かに、債務整理はお金に困り返済することができなくなった借金に対して、土地や家屋などの不動産や貴金属などの資産価値があるものを提示、または売却して債務に充てることになります。実際、個人として債務整理を行う場合は、即、債務整理イコール自己破産と言う訳ではありません。

個人のローンにおいて、自分の金銭管理が悪いために債務整理となった人であれば、自分の責任と言うことは十分わかっているかと思いますが、勤め先が倒産してしまったり、リストラされたことにより職を失い、収入が絶たれてしまった人は確かにローンにより借金をするということは、こうした社会的なリスクがあることを承知のうえでローンを組むことになりますが、会社の倒産となると会社経営の甘さなど納得がいかないことがあります。

また、債務整理に陥る人の多くは、家族には迷惑をかけまいと自分で解決方法を探るなど、一人で考え悩むことがある傾向にあります。最近では、取り立ても法律で厳しく規制していますので、昔ほど強引な取り立てはありませんが、しかし、毎日返済の電話がかかってくると気分も憂鬱になってしまいます。借金問題・返済相談で困ったときは一人で悩まずに、行政機関などに相談することをお勧めします。


check.red.png 債務整理の種類

債務整理と聞くとすぐさま破産宣告イメージしてしまう人も多いのではないでしょうか。債務整理は、ローンなどの借金の返済が滞ってしまい返済の見通しが立たなくなってしまった場合に、ローンの借入残高に対する措置について銀行や消費者金融などの債権者と話し合いや、法的な場で第三者立会いのもとで行うものになります。

このため、債務整理に陥ることは、直ぐに自己破産と言うことではありません。一般個人で債務整理となるケースとしては、勤め先の倒産やリストラより、職を絶たれたことにより収入がなくなり返済ができなくなってしまう場合、一家の大黒柱が病気や事故で亡くなってしまったことにより返済ができなくなってしまう場合、ローンを多用するあまり多重債務となり返済ができなくなってしまう場合などが考えられます。

一家の大黒柱が不幸にもなくなってしまった場合は、保険や事故であれば相手方からの保障で債務返済に充てることもできますが、訴訟となると弁護士に依頼したほうが無難となります。残りの2つのケースにおいて、今後の収入の目処や返済計画の見直しができるようであれば、債務者と話し合いにより和解の方向を探る任意整理があります。

任意整理は、その名の通り、債権者と債務者との任意で行われるもので、当然、債権者が拒否すれば任意整理は成立しません。任意整理と同じく債権者と債務者が話し合いを行うことは同じですが、裁判所の調停員が介入して債務整理を行う特定調停があります。


check.red.png 債務整理の方法

債務整理といっても、その方法によって手続きや借金の借入残高、今後の返済の見通しなどによりその方法が異なってきます。借金の返済に困っている人になりますので、お金に余裕がある人は間違ってもいないかと思います。

このため、こうした借金などの紛争解決には、弁護士に依頼することが多くありますが、皆さんも知っての通り弁護士に依頼すれば費用がかかってきますので、債務整理に陥る人にとっては高額な弁護士費用は難しいものとなってしまいます。

債務整理のうち、任意整理は債務者と債権者が合意のもとで話し合いにより、今後の返済計画や差し出せる資産などを行うものとなります。しかし、債権者となる銀行や消費者金融はこの道のプロとなり、債務者側はローンのことや法律の事は全くの素人となってしまいます。このため、債権者主導で任意整理が行われることが多くあり、気が付けば不利益な条件を提示されることも珍しくはないようです。

これに対して、裁判所の調停員が仲介する特定調停になると、さすがに債権者の銀行や消費者金融も無理な要求は控えることになります。また、裁判所への調停となると素人では難しいのではと心配される人もありますが、裁判所の調停員となった人は大抵は親身になって相談にのってくれますので、包み隠さず債務整理に陥ってしまった経緯や現状、今後の見通しなど全てを話すことが重要となります。

債務整理として、任意整理も特定調停においても折り合いがつかなくなってしまった場合は、自己破産の手続きとなります。


check.red.png 債務整理のメリット

ローンの借金の返済が滞ってしまい、返済の見通しが困難となってしまった場合に、テレビのドラマや映画の中では夜逃げする場面がありますが、現実的には債務不履行により裁判所に訴えがあると身柄が拘束されてしまうことになりますので、駅や公共の場などで御用となることもありえます。

夜逃げはドラマの世界だけとして、現実的にはしかるべき債務整理の措置を行って借金の整理を行うほうが気持ち的にも楽になるのと、新たにやり直す決意も生まれてくるでしょう。債務整理は、社会的にも法律的にも認められているローンの返済などの借金問題の解決する方法となります。

債務整理には、債権者と債務者の合意のもとで行われる任意整理と、裁判所の仲介となる特定調停があり、どちらも成立しない場合は、自己破産による債務整理の順をたどることになります。債務整理のうち、任意整理と特定調停においては、債権者と債務者との話し合いにより返済計画の見直しなどを行ったうえで、和解できれば成立することになります。

このため、社会的な制約や地位などを失うことはありません。ただ、借入残高が多くある場合は土地や家屋などの不動産や資産価値のあるものを要求されることがありますので、ある程度の資産を失う覚悟は必要となります。債務整理で、最終の自己破産となりますが、自己破産においても所在を明らかにすること以外、社会的な制約を受けることはありませんので、選挙権や普通の生活を営む上で普通の人と変わりなく生活することができます。


check.red.png 債務整理のデメリット

債務整理は、ローンで借金の返済が滞ってしまい、返済の見通しが立たなくなってしまった場合の解決する措置として法律的にも認められていることになります。そして、債務整理による社会的な制約を受けることはなく、生活を送ることができるものとなっています。

しかし、現実的には任意整理や特定調停の場において、借入残高にもよりますがほとんどのケースでは土地や家屋などの不動産を差し出すことを要求されることになります。任意整理や特定調停の場においては、土地や家屋などの不動産や貴金属、自動車などの資産を差し押さえられることはありませんが、折り合いがつかないことになれば自己破産ということになります。

自己破産では、裁判所により債務者の土地や家屋の不動産といった資産のほとんどが差し押さえとなってしまいます。介護者などの介護用品については、差し押さえから除外されることになりますので、介護ベットやいすといったものは差し押さえから免れますが、大抵は生活に必要なもの以外全て差し押さえとなってしまいます。

任意整理や特定調停により債務者側との和解合意ができた場合、返済計画や給与明細など個人情報となるものを明らかにしなくてはいけなくなってしまいます。借金の返済に困っている人で、さらに借金をつくるような人は少ないかと思いますが、信用情報として債務整理となったことが記されてしまうため、しばらくの間はカードローンやマイカーローンなどが困難となります。


RSS2.0